バイオテクノロジーについて

Telling stories from the epics using hand-drawn tableaux images in scroll paintings, with accompanying live sounds have been an age old Indian tradition. These tales, mostly the familiar stories of gods and goddesses, are revealed slowly through choreographic movements of painted glass slides in a lantern, which create illusions of movements. And so when the Lumire brothers’ representatives held the first public showing at Mumbai’s (Bombay) Watson’s Hotel on July 7, 1896, the new phenomenon did not create much of a stir here and no one in the audience ran out at the image of the train speeding towards them, as it did elsewhere. The Indian viewer took the new experience as something already familiar to him.

Harischandra Sakharam Bhatwadekar, who happened to be present for the Lumiere presentation, was keen on getting hold of the Lumiere Cinematograph and trying it out himself rather than show the Lumiere films to a wider audience. The public reception accorded to Wrangler Paranjpye at Chowapatty on his return from England with the coveted distinction he got at Cambridge was covered by Bhatwadekar in December 1901- the first Indian topical or actuality film was born.

In Calcutta, Hiralal Sen photographed scenes from some of the plays at the Classic Theatre. Such films were shown as added attractions after the stage performances or taken to distant venue where the stage performers could not reach. The possibility of reaching a large audience through recorded images which could be projected several times through mechanical gadgets caught the fancy of people in the performing arts and the stage and entertainment business. The first decade of the 20th century saw live and recorded performances being clubbed together in the same programme.

The strong influence of its traditional arts, music, dance and popular theatre on the cinema movement in India in its early days, is probably responsible for its characteristic enthusiasm for inserting song and dance sequences in Indian cinema, even till today.

Dada Saheb Phalke

Dhundiraj Govind Phalke (1870 – 1944) affectionately called Dadasaheb Phalke is considered as the ‘father of Indian Cinema’. Central in Phalke’s career as a filmmaker was his fervent belief in the nationalistic philosophy of swadeshi, which advocated that Indians should take charge of their own economy in the perspective of future Independence.

Phalke, with his imported camera, exposed single frames of a seed sprouting to a growing plant, shot once a day, over a month-thus inadvertently introducing the concept of ‘time-lapse photography’, which resulted in the first indigenous ‘instructional film’- The Birth of a Pea Plant (1912) – a capsule history of the growth of a pea into a pea-laden plant. This film came very handy in getting financial backing for his first film venture.

Inspired from an imported film – Life of Christ – Phalke started mentally visualising the images of Indian gods and goddesses. What really obsessed him was the desire to see Indian images on the screen in a purely Swadeshi venture. He fixed up a studio in Dadar Main Road, wrote the scenario, erected the set and started shooting for his first venture Raja Harishchandra in 1912. The first full-length story film of Phalke was completed in 1912 and released at the Coronation cinema on April 21, 1913, for special invitees and members of the Press. The film was widely acclaimed by one and all and proved to be a great success.

Raja Harishchandra

The opening tableaux presents a scene of royal family harmony- with a space “outside” the frame from where the people emerge, and to which space the king when banished seeks shelter. The film’s treatment is episodic, following the style of the Indian flok theatre and the primitive novel. Most of the camera set-ups are static, with plenty of movements within the frame. The bathtub sequence where Harishchandra comes to call his wife Taramati, who is in the tub, with her fully drenched attendants is indeed the first bath-tub scene in Indian cinema. All the females in their wet sarees and blouses clinging to their bodies are in fact all males in female grab.

Phalke hailed from an orthodox Hindu household – a family of priests with strong religious roots. So, when technology made it possible to tell stories through moving images, it was but natural that the Indian film pioneer turned to his own ancient epics and puranas for source material. The phenomenal success of Raja Harishchandra was kept up by Phalke with a series of mythological films that followed – Mohini Bhasmasur (1914), significant for introducing the first woman to act before the cameras – Kamalabai Gokhale. The significant titles that followed include – Satyawan Savitri (1914), Satyavadi Raja Harischandra (1917), Lanka Dahan (1917), Shri Krishna Janma (1918) and Kalia Mardan (1919).

日本語訳

バイオテクノロジーは、その結果が実際に適用されていることを確認したいと科学技術の関心を持つ人々のための研修プログラムです。

サイトのこのセクションに沿って、フィールドの一般的な情報が含まれています。あなたは、これは面白い、その後、バイオテクノロジーはあなたのための研究である見つけることができます!

定義

バイオテクノロジーは、生物または技術的プロセスにおける生物の部品を使用することです。

それは生活に関係していることを示す、バイオ:単語「バイオテクノロジー」は、2つの部分があります 技術、それは人間のスキルや知識だけ到着することを示しています。

バイオテクノロジーは、したがって貴重な製品があるように、人間は、本体(の一部)とのトランザクションを実行することを意味します。

人々は、彼らが実際にあることを実現することなくlongにバイオテクノロジーを適応させます。

DNAの二重らせん構造の50代前半で、その発見が急速であるため、新しい技術を変更することができるDNA、生じます。

英語のバイオテクノロジーは、多くの場合、遺伝子工学の同義語として使用されます。正しいそれははるかに広いです!

歴史

最初の生物工学的方法は、すでに数千年の昔と今バイオテクノロジーは常に変化しています。今日では、バイオテクノロジーは3世代に分けることができます。

第一世代:古典的なバイオテクノロジー

最初の生物工学的方法は、すでに数千年古いです。すでに古代エジプトでは、パンやビールの製造のための手続は、書面で記録しました。

また、世界の発酵の他の部分で長い食品はもっと批判に耐えられるか、より魅力的にするために使用されています。

これらのアプリケーションの新たなプロセスは現在まで使用されてきました。

音量が比較された場合、ビールは最大のバイオテクノロジー製品のまま​​です。

しかし、私たちは伝統的または古典的なバイオテクノロジー、これらのプロセスを呼び出します。時にはまた、第一世代のバイオテクノロジーと呼ばれます。

これらの従来のプロトコルが最初に開発されたときに、誰もが、もちろん、生物学的プロセスは、特定の反応のために責任があったことを認識してありません。

これらのプロセスの多くは、さらに現代のバイオテクノロジーの技術の助けを借りて、時にはまた、最適化されています。プロセスの基本は、古代の伝統の子孫です。

例としては、ビール、チーズやコーヒー、同様に醤油なども。

第二世代:工業バイオテクノロジー

工業バイオテクノロジーの期間は、生物工学的方法の強力な工業化によって特徴付けられます。

19世紀後半には、微生物が特定の変換を実行できることが発見されました。これらの変換は、後に特定の製品を作るために使用さ配向しました。

ますます、プロセスは、特定の製品を作ることができる微生物を用いて行きました。

この特別のために発酵槽の微生物のための条件が最適である、(ボイラー)製でした。

しかし、また、個々の植物や動物細胞の培養が導入されます。

例えば、ウイルスのためのワクチン、例えば、インフルエンザウイルスに対するワクチンとして薬は、バイオテクノロジーの抗生物質(例えば。で2つの強力な武器を与えられたペニシリン)およびワクチンです。

しかし、開発があったSCP(単一細胞タンパク質)が可能です。

他の例としては、生分解性バイオプラスチックの生産、バイオエタノールやバイオエネルギー、あるいは染料が挙げられます。

油の価格が増加していきますように経済的に魅力的であるプロセスは、それは、ブタノールとの発酵アセトンです。

新製品

プロセスは明らかに伝統的なバイオテクノロジーを用いた場合よりも、より複雑です。

いくつかの分野は、生物学、化学、物理学や数学のように、統合されています。

これは価値のある新製品をもたらしました。繰り返しますが、それ以外の期間では明確な分割線がないことを再度参照してください。

今でも、伝統的なバイオテクノロジーのように、多くの使用は、工業バイオテクノロジーの時代に開発されたプロセスで作られて、そこにあります。

工業バイオテクノロジーの多くのプロセスは、ホワイトバイオテクノロジーの傘の下に今現代のバイオテクノロジーやその他の技術開発を使用して改善されています。

第三世代:現代のバイオテクノロジー

現代のバイオテクノロジーは、それが適用される可能向かう遺伝物質の変化、DNAであることを瞬間から始まります。

1953年、ワトソンとクリックがDNAの二重らせん構造を発見これが解明遺伝物質のコードです。

急激に変化することができる新しいDNA技術を作ります。

これは、新しい製品やアプリケーションのシリーズにつながります。いくつかの例がここで説明されます。

ヒトインスリンは、細菌によって産生されます。

これは、糖尿病患者のために自分の健康の大幅な改善を意味していました。また、キモシンは微生物によって産生され得ます。

その結果、人はもはやふくらはぎからキモシンに依存しません。洗剤である酵素現代のバイオテクノロジーによって作成されます。

また、食品業界ではこのようなものの生産などのアプリケーション、来た甘味料です。

レッドバイオテクノロジー

医療分野で開発されているすべての生物工学的適用。ほとんどの新薬は、バイオテクノロジーを用いて製造されます。

薬やワクチン

ワーゲニンゲンは、薬やワクチンの開発に関与しています。これは、異なるフィールドで行われます。

作業は有毒物質、ウイルスにだけでなく、技術的な生産工程やデバイスに、分子生物学的手法を用いて、DNAと行われています。

ワーゲニンゲンの科学者や学生は、百日咳ワクチンの生産を向上させることに関与よりよい制御および生産ここでの管理は、副作用の少ない高品質のワクチンをもたらしました。

ワーゲニンゲンの生物工学も東海岸熱ワクチンの生産の開発に関与していました。

海洋バイオテクノロジー

新しいワクチンや薬の開発でワーゲニンゲン、これら新薬の検出ならびにその(工業)の生産のための両方の卒業生を見つけます。

ワーゲニンゲンは、海洋バイオテクノロジーを中心とした世界でも数少ない場所のひとつです。

このようなスポンジや藻類などの海からの生物では、多くの潜在的な新薬です。

これらの物質は、しかしながら、必要な量で生産することが困難です。

この問題は、私たちのグループ「マリンバイオテクノロジー」を行います

医学研究

人間の完全なDNA配列は、周知です。それは我々が他の種のDNAのレベルで非常にあることが表示されます。私たちも、例えば植物のために、共通の多くを持っていると同時にショーで。これにより、細菌、酵母、ショウジョウバエ、およびワームの研究のために開発された様々な技術は、植物はヒトに適用行われることになりました。このような技術 – 例えば、DNAチップ、プロテインチップ、オフにして、変異を導入するための手段による遺伝子の変化としては、 – その後、医学研究に大規模に展開することも。コンピュータ科学と技術からこれらの技術あなたが知っている、例えば、「健康」と「病気」の類似点と相違点に使用するインターネット検索エンジンは、遺伝子(バイオインフォマティクス)を検索します。

診断

また、この分野で既にこのようなDNAチップを用いた乳癌の改善された診断の可能性などのいくつかの主要な成功を​​達成しました。それは、それが完全な切断は、治療方法として必要な癌の種類に行くかどうかを決定するために初期の段階で非常に正確であることができることが判明し、またはそれは、放射線や医薬品に十分であるかどうか。また、特定の薬物に対する長期感度で既にかなり合理的にこれらの方法を利用して予測することができます。だから、最初は全く異なる技術が手術のような典型的な医療専門に大きな影響を持つことができます参照してください。

医療の専門分野

これは、特定の遺伝子の機能を調べるために、ヒトでの標的突然変異のプロジェクトを設定することはもちろん不可能です。それが子孫を作ることになるとそこで我々は、単にあまりにも遅いです!その後、使用はしばしば、マウス、またはゼブラフィッシュであっても、モデル生物で構成されています。私たちの遺伝子やタンパク質の点で似ている生物。それは、今よりもさらに病院の研究部門は、DNAとタンパク質技術に基づく分子診断のすべての種類を利用することが期待されます。これは、上に示したように、モデル・システムの基礎研究を必要とするだけでなく、診療所で迅速なDNA診断を可能にする技術をセットアップするだけではなく。これはゲノミクスは、中央である、専門の非常に異なる種類であるため、この2つの領域のための伝統的な医学校は、フィット感はありません。このすべての専門知識は、ワーゲニンゲン大学内の大部分が存在していて、すでに私たちの医療専門分野のカリキュラムに含まれています。これに基づき、我々は医学部を所有していないものの、私たちの学生を通じて、ワーゲニンゲン大学を果たし、現代の医学研究において重要な役割を卒業。このために私たちは一緒にロッテルダムのエラスムス医療センターとの正式な教育を働きます。

バイオテクノロジーのほかにも、医療用途に他のプログラムのリンクで見つけることができます。栄養と健康の、だけでなく、分子生命科学で考えます。

ホワイトバイオテクノロジー(バイオベースの技術)

バイオテクノロジー産業において、例えば糖、ならびに植物の部分のような生物学的出発物質は、化学物質またはエネルギーの生産のために使用されます。

これらは、バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオガスやバイオテクノロジー生産される電力が含まれます。これらのエネルギーに焦点を当てたアプリケーションに加えて、しかしながら、多くの他の化学物質(原料)材料は、生物工学的生産されます。あなたは、例えば、バイオプラスチックのために取得します。このとき、新製品を迅速にここに来ます。

また、ホワイトバイオテクノロジーと呼ばれる工業バイオテクノロジーは、石油に基づいたので、これらの商品を生産する石油化学産業への明確な競争相手です。バイオテクノロジーの助けを借りて有機原料に置き換えられる石油です。だから、石油の会社はあまり依存させると、あなたは本当のバイオベースの経済の話すことができます。

バイオプログラム内では、マイナーとしてバイオベースの技術を行うことができます。利用可能なこれらのマイナーのディレクトリがあります。

グリーンバイオテクノロジー

グリーンバイオテクノロジーは、すべての農業と食品アプリケーションが含まれています。

大豆とトウモロコシはそう、彼らは昆虫や除草剤に抵抗性であることに変更されます。

特にアメリカでは、このトウモロコシと大豆は、多くの場合、増殖させました。

キモシンは、チーズ製造において使用され、そしてウシの胃から抽出されます。

しかしながら、微生物により、動物に優しい方法で製造することもあります。

食品に風味を与える香味剤は、広く微生物によって生産されます。

また、酵素は、多くの場合、遺伝的に改変された微生物によって産生されます。これらの酵素は、一般的に食品の製造に使用されています。

出典:善玉菌サプリ:善玉菌とは乳酸菌やビフィズス菌を指しますがこれら人体に有益な菌を善玉菌と呼び、それらを摂取し易い形にしたのが善玉菌サプリです。

何千年もの間、ビールは上品なアルコールに置くべき糖を発酵させて醸造されます。

ヨーグルト、チーズ乳に乳酸菌を添加することによって作製され金型で覆われています。

これらはすべて、もともと伝統的な生物工学的方法です。

食品検査

オランダではRIKILTは、食品の制御に関与しています。

ここで彼らはオランダの市場で販売食品の品質を評価します。

そこで、彼らは私たちの食べ物が安全であることを確認してください。

彼らはまた、遺伝子組み換え食品をテストします。

すべての生物工学的に存在するこれらの食品だけでなく、現代の試験病原体を試験します。

バイオテクノロジーは、食品の特徴を調べるために使用することができます。

ヒト腸内細菌叢と考えてください。

ブルーバイオテクノロジー

海洋バイオテクノロジー

マリンバイオテクノロジー、バイオテクノロジーの最新分野の一つです。世界の海で使用することができる薬剤として、または他の目的のために非常に優れている物質を産生多くの生物があります。

これまでの技術的なプロセスで、そのほとんどこれらの生物や部品を見つけることはありません。海洋バイオテクノロジーは、これを変更しようとしています。

世界的には、生産目的のために深いから宝物を使用しようとしている唯一の少数のグループです。

我々は、技術的なプロセスで海から藻類やスポンジに頑張っワーゲニンゲンです。

例えば右の特性を持続し、経済的に実行可能な藻類を栽培する方法を調べてプロジェクトがあります。

環境バイオテクノロジー

環境バイオテクノロジーでは、二つのことを考えることができます。まず、廃棄物の精製の場合。第二に、それはまた、「廃棄物のエネルギーを利用するために起こっていることは、高品質の代替品です。私たちは、持続可能なプロセスについて話しています。

治療廃棄物

廃棄物の精製は、排水の、特に、バイオプロセスの幾分典型的分岐です。

従来の水処理システムの基礎となる原則は、自然から来ます。

川や排水溝に排出廃水があるので、そこにある有機物質は、その後、既にそこに天然に存在する微生物によって分解されます。

この用途では、廃水の排出は、表面水の酸素の欠乏をもたらすことができることとなる微生物、酸素です。多くの望ましい生物(例えば魚)の死に至ります。

また、排水は、多くの病原性(疾患を引き起こす)​​の生物が含まれています。

1900年については、これは多くの感染症の原因でした。その時間の後、人々は健康上の衛生の重要性を実現しました。

これは、水浄化システムの開始を形成しています。

最初の好気性水浄化システムは非常にシンプルであり、完全に放電した後、有機物質が酸素を使用して破壊されたという認識に基づきます。

別々のタンクでこれを行うことにより、これは場所を取ることができる通気には、これらのタンクを確認しました。このプロセスが続いた場合には十分な長さはまた、病原性微生物または削除されました。

これはまだ実際には水処理炉の基本原理です。精製が行われたスケールを大幅に増大されます。

必要15万住民とのデンボッシュのような場所からの廃水の浄化のために4000立方メートルの発酵槽です。

環境バイオテクノロジープロセスは唯一の有機物質の分解のために、しかし、生体異物、リン、窒素および硫黄化合物の除去のために大規模にもより多くの上に、液体廃棄物の流れから、だけでなく、ガスや固体から、よりだけでなく、使用されていません。プロセスは、より良好に制御してきています。生物が特定の化合物を分解し、どのような状況の下で彼らが行うかについての増加の知識があります。

結果は、はるかに効率的に集中炉の開発に取り組むことです。

また、また、特定の難分解性の化合物が分解することができ、これまで新しい微生物を探しました。

例えば単離された微生物、塩素化炭化水素、ベンゼンよりも非常に意識している、とナフタレンを断つことができます。

これらのコンポーネントと廃棄物の流れの洗浄は、例えば、この劣化のために特別に作られた発酵槽で行うことができます。

持続可能なプロセス(バイオベースの技術)

木材の使用は、サトウキビから菜種とアルコールからの油は、人類そのものと同じくらい古いです。

ここでも作物の処理におけるバイオテクノロジーの使用は、これらの作物の生産性向上に寄与することができます。

これは、エネルギー生産のこの方法は、温室効果の低減に寄与することができることが述べられています。

培養中の燃焼の間に放出CO2が再びこれらのエネルギー作物のために含めることができます。

ここで、酵素、および(GM)、酵母および他の微生物の使用は、バイオディーゼルおよびバイオエタノールなどの燃料にこれらの作物のより効率的な処理を達成するために貢献します。

環境バイオテクノロジーは、古典的なバイオテクノロジーの起源を持っており、今では位相を越えて成長し始めます。